友納理緒

17歳、フィリピンで。

高校時代にフィリピンの「マザーテレサの家」で、死を目前にした方々がシスターのケアによりとても穏やかな表情をされていて、「看護」という仕事に強く惹かれました。

医療現場の課題にモヤモヤ。

看護実習に出て、看護師の忙しさを知りました。

でも、いくら忙しくても事故が起きたらその責任を問われる現実。そのときに「看護の味方」になってくれる人はいるのかな?と考えたことがきっかけです。

弁護士を目指し司法試験勉強中も、看護の現場に立ち続けました。

看護の原点を忘れずに。

トラブルの解決策を検討し、対外的には代理人となることで、少しでも看護師の負担を軽減できるようにと取り組んできました。

”医療・看護にかかわる弁護士”としてのこれまでの活動

医師・看護師が業務上過失致傷罪に問われた事例(刑事事件)において、弁護士として活動。


転倒転落、誤嚥、注射による神経損傷など看護職がかかわる医療事故(民事事件)において代理人として活動。


患者・家族からのハラスメント対応。


訪問看護ステーションなどで日々発生する法律問題の相談対応。


看護協会・看護連盟、その他病院などにおいて、看護記録、医療安全などの講義。

法律や制度を変えて、看護師の力になりたいから。

かつて3年間、衆議院議員の政策秘書を経験したときに、看護や医療にかかわる法制度を議論する最終局面に、看護師がいないことにびっくり。

もっと看護師の力になりたくて、法律や制度自体を変えることができる「立法」の世界に踏み出すことを決意しました。

友納理緒(とものうりお)の経歴

略歴

1980年生まれ
1999年(平成11年)

雙葉高等学校卒業

2003年(平成15年)

東京医科歯科大学医学部保健衛生学科卒業
(看護師、保健師免許取得)

2005年(平成17年)

東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科
博士前期課程 修了

2008年(平成20年)

早稲田大学大学院法務研究科修了

2011年(平成23年)

弁護士登録(第二東京弁護士会)

2014年(平成26年)

土肥法律事務所設立
衆議院議員政策担当秘書に就任(平成28年まで)

2015年(平成27年)

公益社団法人日本看護科学学会
研究倫理審査委員会委員に就任

2019年(平成31年)

一般社団法人日本看護学校協議会共済会
顧問弁護士に就任

2020年(令和2年)

公益社団法人日本看護協会 参与に就任

「とものうりお」を”もっと”知る5つのキーワード

関東・四国・九州

東京生まれ神奈川育ちです。 父の転勤で、福岡、香川に住んでいたことがあります。

お蕎麦大好き

司法修習生時代を岩手県盛岡市で過ごし、わんこそばは最高66杯です!

2児のママ

休みの日は6歳と2歳の子どもたちと身体を動かすようにしています。

なんちゃってランナー

趣味でジョギングをしていますが、ほぼ歩きです(笑)

ニックネーム

りおさんと気軽に呼んでくださいね。よいニックネーム募集中です。